昔は購入する人がほとんどだった振袖も今はレンタルがメイン

昔は大家族だった事もあり、着物は家で購入していました。一回購入したら使い回しが可能だからでした。一回購入したらセット価格でも100万円近いお金がかかりますが、仮にそれだけのお金がかかっても損はしないような家族構成でした。しかし時代の変遷とともに大家族だった一つの家族は、核家族となり着物を着る女性が家族の中でかなり減少してきている事実があります。そうなると購入するのはかなりの負担で、金銭的な負担が少ない方法を選ぶ人が増えてきました。そのような背景もあり、成人式や結婚披露宴などで使用する振袖はレンタルがメインとなってきており、購入する人は減少してきているのが今の社会の特徴です。
こちらでは着物を借りる際のメリットとデメリットを、具体的に考えていきたいと思います。

着物を借りる際のメリットを知っていますか?

振袖をレンタルする際の1番のメリットはお金が購入する場合と比べた場合、比べ物にならないくらいリーズナブルな価格で済む点があげられます。着物を購入した場合、全てを含めて100万円程度のお金がかかりますが、専門店から借りた場合にはヘアメイクや付属品の代金を含めても10万円くらいの費用で済むのが特徴です。
購入した場合には時代遅れの着物となる可能性がありますが、専門店から借りる場合には常に流行の最先端の着物を借りる事が出来るのも魅力的になります。
万が一着物を汚した場合、購入した着物だと自分でクリーニングする必要があります。しかし専門店から借りた場合には別料金にはなりますが、専門店できちんとクリーニングをするので、返却した後のことを考える必要がなく楽です。

着物を借りるのはメリットだけではない

一見するとメリットばかりに思える振袖のレンタルですが、デメリットもあります。専門店には平均的なサイズの着物はたくさん準備されていますが、そうでない場合には利用できない時もあります。そのためどのようなサイズの着物を取り扱っているのかについて、インターネットの公式サイトや口コミサイトで十分に確認しておく事が非常に大切です。また借りる場合、着物を着る機会が増えれば増えるほど多額の出費がかさむようになります。その結果として、専門店に支払ったお金を計算したら、結果的に購入した方が安かったいう事態になる事も考えられるのも事実です。購入するかそれとも専門店から借りるのか考える際には、このような点によく注意して結論を出すようにしないと、後々お金が大変になります。